その他の関連情報

かつて、中国にあるテーマパークのアトラクションで、水中でのダンスが披露されたことがあります。こちらは、オリンピックに出場する女子新体操選手に扮した女性ダイバーが、巨大な水槽の中で潜水しながら演技するものです。この演目では、外見的な印象と様式を整える目的で、女性スキューバダイバーが体操・新体操用のローレグ・長袖レオタードを着用して、足ヒレと水中ゴーグルを装着した上で水槽に飛び込むという方法が採用されました。水中では、衣服を着用したまま泳ぐような形となるこちらのダンスは、水着の代わりにレオタードが使用された事例の1つと言えます。

また、女子プロレスラーが試合で着用するコスチュームも、かつては水着を改修したものが使用されていたことから、水着と呼ばれるのが通例です。1990年代後半以降になっても、新人のレスラーは同様のコスチュームを使用することが多かったのですが、後に、コスチュームが多様化したこともあり、現在では、「リング・コスチューム」もしくはそれを省略した「リンコス」という呼び方が定着しています。

次に、女性用の水着は、デザインの違いからワンピース・ツーピースの2タイプがあり、それぞれのタイプがさらに細分化されています。