見せるためのものなど

ひと口に水着と言っても、さまざまなバリエーションがあります。その1例として、水着を含む身体全体を、第3者に見せる目的で使用するものが挙げられます。こちらは、キャンペーンガールやレースクイーン、ミス・コンテストの出場者、撮影会を行なうアイドルによって着用されるほか、ボディビルダーの使用する、面積の極端に小さいビキニタイプのものもあります。見せるための水着は、水着をファッションアイテムの1つと捉えているため、水着本来の機能よりも、デザイン性や肌の露出度が重視されるケースが多く存在します。

ちなみに、ダンスや体操競技などの際に使用するレオタードは、水着と違って、腰や腹、胸のみならず、肩や背中、首、両腕までカバーするスポーツウェアです。そのため、レオタードは、水着とは区別されますが、中には、外見的に水着との区別がつかないほど、デザインが似ているものも存在します。スパンデックスは、水着の素材として知られています。こちらの素材を使用したローレグ・長袖タイプのレオタードは、体操や新体操などを行なう女子・女性によって、練習や競技をはじめとして写真撮影でも多く着用されましたが、裏地に、水中での透け対策がほどこされていないという理由で、水着としては使用されませんでした。